カウンター

累計:
本日:
昨日:

アクセスアップ
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
PROFILE
ネット ショッピング 

もしもドロップシッピング



↑PAGE TOP
RECOMMEND
アフリエイト
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
地球・社会のために
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
ブログパーツ




メロメロ日本代表
モフモフRing
LoveモフモフRing
Random List →;


↑PAGE TOP
OTHERS
SPONSORED LINKS

イルカ ナチュラル ライフ

エコや、LOHASなどを中心にいろいろ書いています。
<< インドデー | main | 表作成テスト >>
















スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |↑PAGE TOP
セカンドライフの可能性
今話題のセカンドライフですが。

4年間で世界中で1千万人近い人がアクセスしているのは少ないような気もしますけど。

3D仮想世界で、アバターを動かしてコミュニケーションをするというものです。

ゲーム感覚で遊べるのは確かですね。

ゲームが苦手な私でも何とか出来ているので、たいがいの人はいけると思います。

チャットや音声も使えるので、メッセンジャーよりは面白いかも。

遠距離恋愛中の二人なら、仮想世界でデートも出来るので良いかも。

マイクロソフトが1次面接をセカンドライフ内でしたというのもあるぐらいですから、これからの新しいコミュニケーションツールになるのかも。

よくセカンドライフ内でお小遣い稼ぎ、なんてことがいわれますが、コレはかなり難しいかも。

仮想通貨がリアルマネーに換金できるのですが、セカンドライフ内の物価がリアル社会の100分の1の物価になるとか。

それでもスキルとアイデア次第で出来なくはないです。

セカンドライフ内に店を持ち、アフリエイトやネットショップとかドロップシッピングなどの外部リンクに誘導することは可能だと思います。

セカンドライフ内でTシャツを販売していて、それをネットショップやドロップシッピングのオリジナル商品として販売して、お客をリアル世界に誘導して販売するのもありです。

そう言う意味での新しい顧客獲得の宣伝効果はあると思います。

ただし、セカンドライフは日本人だけではないのでそこが問題ですけど。

年末に出来るという、日本版セカンドライフに期待したいですね。

ただ、遊ぶには面白いです、確かにハマりますね。

興味のある方は「セカンドライフ日本語版の歩き方」、「入門セカンドライフ」を読んでから、「セカンドライフ日本語版」に進んだ方が良いです。

面白い場所などの参考に、「3Diの専門ポータルサイト THE SECOND TIMES」も良いですよ。

人気アクセスランキングもあるので参考に。

ちなみに、最初にアバターが誕生するのはオリエンテーション島ですが、そこを脱出すると二度とオリエンテーション島には戻れないので、そこでそれなりに操作を覚えてから脱出した方が良いです。







| 日記・雑記関係 | 00:22 | comments(0) | - |↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 00:22 | - | - |↑PAGE TOP
comment
comment?