カウンター

累計:
本日:
昨日:

アクセスアップ
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
PROFILE
ネット ショッピング 

もしもドロップシッピング



↑PAGE TOP
RECOMMEND
アフリエイト
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
地球・社会のために
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
ブログパーツ




メロメロ日本代表
モフモフRing
LoveモフモフRing
Random List →;


↑PAGE TOP
OTHERS
SPONSORED LINKS

イルカ ナチュラル ライフ

エコや、LOHASなどを中心にいろいろ書いています。
















スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |↑PAGE TOP
オリジナル帰宅支援マップ
大規模震災が発生し、交通機関の運行がストップした場合、自宅まで徒歩で帰るために、いちばん安全と思われる帰宅ルートを選び、地図に表し印刷するサービスがあります。

それが帰宅支援マップです。

市販の地図では表現できない、あなただけのオリジナルの帰宅ルートマップを作成し、もちろん、印刷して普段から持ち歩くこともできます。

このサービスの機能として、「出発地(勤務先・通学先など)」及び「目的地(自宅など)」を任意に入力することができ、2地点間における「よりリスクが低いと想定される帰宅ルート」を検索できるのが特徴で、危険度別に色分けで表示し、避難場所やコンビニ、ガソリンスタンド、帰宅支援ステーション、応急給水拠点、災害拠点病院、区役所、市役所、支所など帰宅時に利用できる施設も表示するのが特徴みたいです。

ただし、このサービスは首都圏(東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県)のみを対象にしていて、他の地域は利用できないのが残念です。

それと、有料サービスですが、5月末までにお申し込みをされた方は月額利用料(210円)が無料ですが、PDFドキュメント作成利用料は315円/ファイル作成だけが必要になります。

いざという時のために、持っていても良いと思います。

関連サイト
帰宅支援マップ


| セキュリティー関係 | 23:41 | comments(0) | trackbacks(0) |↑PAGE TOP
オリジナル帰宅支援マップ
大規模震災が発生し、交通機関の運行がストップした場合、自宅まで徒歩で帰るために、いちばん安全と思われる帰宅ルートを選び、地図に表し印刷するサービスがあります。

それが帰宅支援マップです。

市販の地図では表現できない、あなただけのオリジナルの帰宅ルートマップを作成し、もちろん、印刷して普段から持ち歩くこともできます。

このサービスの機能として、「出発地(勤務先・通学先など)」及び「目的地(自宅など)」を任意に入力することができ、2地点間における「よりリスクが低いと想定される帰宅ルート」を検索できるのが特徴で、危険度別に色分けで表示し、避難場所やコンビニ、ガソリンスタンド、帰宅支援ステーション、応急給水拠点、災害拠点病院、区役所、市役所、支所など帰宅時に利用できる施設も表示するのが特徴みたいです。

ただし、このサービスは首都圏(東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県)のみを対象にしていて、他の地域は利用できないのが残念です。

それと、有料サービスですが、5月末までにお申し込みをされた方は月額利用料(210円)が無料ですが、PDFドキュメント作成利用料は315円/ファイル作成だけが必要になります。

いざという時のために、持っていても良いと思います。

関連サイト
帰宅支援マップ


| セキュリティー関係 | 23:40 | comments(0) | trackbacks(0) |↑PAGE TOP
コールマン防災セット
ところで、防災セットもいろいろあり、非常持ち出し袋から本格的な物までと様々出ています。

コールマン社製の防災セットは本格的な方にはいるかもしれません。

コールマン社と言えば、キャンプ用品などのアウトドア用品の販売メーカーですが、その会社が、防災セットを3種類用意してこ今春販売するそうです。

まずは、エマージェンシー ハウスセットで、自宅が半壊や全壊して、避難所生活をするときに使用するタイプで、普段使用しているテントと併せて利用すれば、体育館などの施設からあふれた場合でも使用できるみたいです。

icon
icon


そして、エマージェンシープロフェッショナルセットですが、帰宅困難者が自宅まで徒歩で帰ることを想定したセットで、帰宅途中に夜になっても、移動やテント泊できる工夫がなされていて、職場のデスク下やロッカーにおける小型パックにテントや寝袋、ランタン、ブランケットなどがコンパクトにまとまっています。

icon
icon


それに、エマージェンシー エッセンシャルセットは、非常持ち出し袋で第一次持ち出し品です、ファーストエイドキット、ホイッスル、ヘッドライト、ラジオ、ナイフ、ブランケットを装備しています。
ただ、いままでの非常持ち出し袋よりもおしゃれな感じです。

icon
icon


なかなか本格的でしっかりしていそうです。

寝袋やテントなどやランタンなどは、普段のキャンプに利用できるかもしれません。

これらそれぞれに、ラップを付けておけば、かなり心強いかもしれません。
災害経験上ラップは、ケガをしたときの止血帯代わりや、皿代わりなど用途はいろいろと有り、一つ用意しておくと便利です。

出来れば使用しないのに越したことはないですけど、いざという時のために用意しておくのも大事です。

| セキュリティー関係 | 18:12 | comments(0) | trackbacks(0) |↑PAGE TOP